門前払いの巻

今日はフライヤー撮影のためのロケハンをしてきました。

バイト終わり、一人で。

高級感のあるホテルのロビーがいいなあと思って、

ウロついてたら、されましたよ。

 

門 前 払 い ☆

 

いやあ、最初は電話したんですけどね。

 

「あのその、そちらの、そのロビー?

ラウンジって言うんですか?

へへっ。

その、なんか、あるじゃないですか。

あそこ、って、撮影とかって、自由ですかね?

あ。はい。いや、全然。はい。

いや、まあ、全然個人の。はい。

ネットとかで、紹介する感じで。

へへっ。」

 

「他のお客様のご迷惑となりますので…」

 

「じゃあいいよブス!!!!!砂利でも食ってろ!!!」

 

と電話を切ってしまったので…。

 


 

ので、ゲリラで撮影できるかを今日確認しにいったのですが、

完全に、あれですね。

無理ですね。

 

白い手袋した、屈強な男がこっち見てますもんね。

 

あれ、白い手袋外したら鬼の手なんでしょ?

勝てないっすわ。

 

鬼の手じゃなかったら、まあ、わかんないっすけどね。

全然こっちも、

おもむろに首筋とかを舐めるっていう技術を持ってるんで。

 

喧嘩の最中に首筋を舐めるっていう、

相手が完全に硬直する技を持ってるんで。僕は。

 

でも多分あれ鬼の手なんで、無理なんですよね。

ゲリラ撮影。

ので、「ああ、やっぱ許可取らないと…」と思って、

直接話しかけようと思ったんですけど、

 

そこはもう、あれですよ。

こっちは完全に対人恐怖症かつ醜形恐怖症なんで、

人と話すのなんて二百年振りの、

かつて伝説の呪術師に封印された妖怪じゃないですか。

 

僕はね。

 

僕はかつてのそれじゃないですか。

 

だから話しかけられませんでしたよね。

その後、外に出て、電話しましたよね。

 

今度は職業っていうか、身分を、ちょっと嘘ついて、

雑誌社みたいなノリでいってやったんですけど、

広報部が営業終わってるとか言われて、

屁こいて帰りました。

 


 

で、コンセプトを練り直して、

もっといいものを思いついたのでそっちにします。

 

決して逃げたわけではないです。

僕はこれまでの人生で逃げたことなんて一度もありません。

 

立ち向かったこともありません。

 

鎮座しています。

 


 

演劇のためにもっと時間を使わなくては、と思う。

四月に入ったらバイトを減らそう。

 

演劇のためだけの時間が、今明らかに少ない。

もっと使わないと、間に合わない。

色々なことに。

 

頑張っているフリが、あまりにも簡単で嫌になる。

 

バイトなんて、全然辛くもなんともないんですよ。

ほんとね、楽なんです。

 

時間でお金が貰えるんです。中身は関係ないんです。

 

何時から何時まで、何かをすればお金になるんです。

 

「仕事」って、そうじゃないでしょ。

 

何かをするのに、何時から何時までを使うのが仕事でしょう?

 

逆なんですよね。

仕事とバイトって。

 

十分間テーブルを拭くのは、十分間を消費したいから?

 

テーブルを綺麗にしたいから?

 

明日も頑張ろう。

 

負けんなよ。みんなも。

 

(了)

 


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    使道迷子 (火曜日, 15 4月 2014 20:37)

    “何時から何時まで、何かをすればお金になる
    何かをするのに、何時から何時までを使うのが仕事”

    お金のための時間を使うのは辞めましたが、何のために自分の時間を使おうか使い道に迷い中です。

    使い道で迷子。

    使い道ってどんな道なんでしょうね?笑