googleアドセンス導入

googleアドセンスを導入することが出来た。

 

なんだかものすごく色々な規約があり、

油断するとポリシーに違反してしまいそうで怖い。

 

 

これ、多分しばらくは意味が無いだろうし、

今後も効果が出るほどの収益が上がるとは思えない。

 

ただ、googleさんは賢いらしく、

わりと「演劇」に関する広告が出てたりするのが、いい。

 

しかしほんとどうなんだろう。

サイトの景観はやっぱり損ねる。

 

表示する場所も難しい。

操作ミスを誘発するような場所に設置するのもポリシー違反だそうだ。

 

そして見栄えも悪いからといって、

一番下にやってしまったら、それこそ無意味だしなあ。

 

ちょっとこれはこれでしばらく放置してみるとして、

amazonをなんとかしていきたい。

 

ブログで書籍だの何だのを紹介して、

それを購入してもらったら何パーセント俺の分とか、

 

そういうほうがわかりやすい。

 

なにより、大好きな漫画のこととかならいくらでも書けるし。

 


 

以前殺し屋1を劇団員の杉原にオススメしていたのだが、

読んでいたようで。

 

面白かったと言っていた。

よく出来た後輩じゃないか。

 

僕は先輩から薦められた映画やらなにやらは、

基本的にものすごく見ない。すごく腰が重い。

 

杉原は殺し屋1を見た上で、ホムンクルスの話までしてくれた。

ホムンクルス、多分人気漫画だったと思うが、

結構この手の漫画は「おもしろいよなあ!」と分かり合える人が周囲にいないもので。

 

杉原が読了した暁には、語り合いたい。

 

面白いよなあ。ホムンクルス。

 

 

ああ、あと。

広告のクリックを促すような文章を書くのもポリシー違反だそうだ。

 

自然とそこに設置されていて、

ユーザーが興味を持ち、

自発的にクリックするものでないとダメ。

 

っていうのが、グーグルのポリシーらしい。

 

なんとも格好いいじゃないか。

ステマ芸能人にはなりたくないからな。

 

広告を、このサイト上で如何に佇ませるか。

 

しばらくはそれをメインに考えていこう。

 

ふん。なんてこった。

まるで演劇じゃないか。

 


 

しかしあまりサイトとじゃれてる場合ではないのも事実。

 

俺コレ毎日書いてるな。

 

でもほんとに、

こんなところ弄くり倒してる時間は無いのです。

 

でも楽しいんだよ。

 

とにかく、サイトの雛形はもうちょっと色々探るとして、

画像制作をデザイナーさんにお願いしたい。

 

「劇団員募集!」みたいな、

洒落た画像リンクなんかを設置できたら、

もうちょっとマシな見た目になるだろう。

 

劇団員を今募集してるかどうかはさておき。

 

(募集しています)

(現在匿名劇壇は9名ですが、それぞれにそれぞれの役割があって)

(誰か一人が抜けても成り立たないんです)

 

(それって怖くないですか)

 

(僕はこの団体の主宰なので)

(いかにこの団体の寿命を延ばすかを考えています)

 

(そのためには)

(誰かが抜けても大丈夫、っていう状況にこれからしていきたい)

 

(ので)

(匿名劇壇に興味がある方は)

 

(いつでも稽古場に遊びに来て下さい)

 

(このサイトのCONTACTから問い合わせ受け付けます)

 

(了)