Jerk!!より三本追加!

フラッシュフィクション公演「Jerk!!」から、

新たに作品が三本アップされました。

 

トップページにリンクしてます。

ぜひ、見てください!

 

作品についてコメントでもしようか。

 

前回の三本についてここで何か話したっけ。

忘れてしまった。

 

今回アップされたのは、

「優しいひと」

「恋の始まり行為の終わり」

「柔らかくない」

の三本です。

 

ま、どれも三分に満たない寸劇なので、

とりあえず見てくださいとしか言えないですが。

 

僕としては、

「あるあるネタ」をやってるつもりはほとんどなくて。

 

むしろ逆で。

 

「とても個人的な体験」を、ここで再現してるつもりで。

で、それをいくつも羅列することによって、

結果的に「普遍性」が生まれるっていうことをやってて。

 

それを目指してたつもりなんですけど。

 

なんかやっぱこうやって切り取ってみると、

「ただのあるあるネタやないかい」

的な感じも否めない。

 


 

「恋の始まり行為の終わり」は、

タイトル先行で考えて、内容は後から決めました。

 

Jerk!!はそのパターンがものすごく多かったです。

多分、半数以上はタイトル先行型でした。

 


 

というか、長編もよく考えたら全部タイトル先行でした。

 

まずチラシを作るからね。

うん。

内容作ってからタイトル考えることのほうが珍しいわ。

 

次回、「二時間に及ぶ交渉の末」。

 

これもタイトル先行で作品作ってます。

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=54092

予約はこちら。観たい!コメントもお待ちしております。

 


 

「優しいひと」は、ほぼ僕の実体験に近いです。

 

もちろん作品にするためにブラッシュアップして、

色々スマートにしてますが。

 

僕は、未だにこのことについて答えが出ていない。

 

「優しいひと」なんてタイトルは、

もちろん嫌味で付けてますけど。

 

「優しくて、すごく自分勝手。」

おっしゃる通りだと思いませんか。

 

こんなことは言われてないんですけどね。

その辺は僕の脳内補完なんですけど。

 

女の子が泣き出してから方言になってるんですけど、

その辺も作り事ですね。

 

最後に女の子が、優しくしてくれてありがとうって言ってますね。

女優:松原由希子はどんな気持ちでこのセリフを言ったんでしょうか。

 

アンサーソングならぬアンサーステージを一人で作るなら、

 

僕はこのシーンに、

男「こちらこそ」

ってセリフを付け足すね。

 


 

さあ、さあ。

劇団ってのは稽古だけしてりゃいいってもんじゃないんです。

 

頑張りますよ。いろいろと。

 

だから見に来てください。

お待ちしております。

 

(了)