匿名劇壇主宰、福谷圭祐。

 

1990728日生まれ。大阪府出身。20094月に近畿大学文芸学部芸術学科に入学。舞台芸術を専攻し、演劇を学び始める。2010年に匿名劇壇の母体となるメンバーを集め、カフカの「変身」を題材とした「THE EGG」という作品を上演する。翌年、匿名劇壇を結成。以後、匿名劇壇の全ての作品の作・演出を担当する。竹内銃一郎氏に脚本を、松本修氏に演出を、水沼健氏にその両方の師事を受ける。在学中にその能力を評価され、卒業公演の作・演出を担当。「最高の遊園地」を上演した。自劇団以外での活動も行っており、劇団Patch「森ノ宮演出家殺人事件」(作・演出)や、futurismo「珈琲が冷めるまでの戦争」(作・演出)などがある。

現在、メディアへの脚本の提供も行っている。

 

 

KissFMSTORY FOR TWO」レギュラー作家

 

「ハピくるっ!『実録!オンナの○○事件簿!』」(KTV

 

InterFM「木下の介護 40秒スポットラジオCM」(脚本)など

 

 

 

俳優としても活動しており、学生時代に唐十郎氏の演出を受け、その後壁ノ花団やバンタムクラスステージ、iakuなどへの出演経験がある。